健康のうちに医療保険は加入しよう

健康な身体を維持するために、ダイエットに励む人が多くみられます。

血糖値に気をつけて健康な体つくりを

健康な身体を維持するために、ダイエットに励む人が多くみられます。特に中年になると、お腹の肉を捕まえて、この脂肪をなんとかしたいと悩む人も多くなっています。そんな脂肪は、どうして蓄積してしまうのでしょう。お米やパンなどの食品を摂取すると、人の体内で消化液や酵素によって分解され、ブドウ糖になります。このブドウ糖は、肝臓から血液中に送り出され、全身の細胞に運ばれ、エネルギー源となります。この血液中にどれくらいのブドウ糖が存在するのかで、この数値が高くても低くても身体には、大きな影響を与えます。

この血糖値が高い時には、心臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖と一緒に細胞内に取り込むことで、エネルギーとして活用する働きがあります。また余ったブドウ糖を中性脂肪に変えて、脂肪細胞に取り込ませることで、エネルギー源を貯蔵する役目を行なっています。

しかしエネルギーが過剰になってしまった時、血糖値を下げるインスリンの働きが効きにくい体質へと変化してしまいます。そのことからますますエネルギーの燃焼が減ってしまい、脂肪が蓄積してしまうことになります。このように脂肪を溜めない身体作りが、健康である証になります。年齢を重ねることは、運動も必要ですが、食事の内容にも注意が必要です。