健康のうちに医療保険は加入しよう

人が健康な身体を維持する時、脂肪があることも大切な要素と知っておきましょう。

脂肪が多い身体は健康に注意が必要です

人が健康な身体を維持する時、脂肪があることも大切な要素と知っておきましょう。太った人が「脂肪は要らない」と言いますが、これは「余った脂肪は要らない」と言うことなのでしょう。人の体内には、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン脂質と呼ばれるものの4種類が存在しています。この中でもっとも身近な脂肪が、中性脂肪で、牛肉や豚肉についている白い脂身の部分のことになります。

この中性脂肪が、皮膚の下に付いてしまったとか、内臓の周辺に付いたりした時、これらを皮下脂肪とか内臓脂肪と呼ぶことになります。人の体内にある脂肪の9割近くは、この中性脂肪になっています。ですからダイエットで減らす脂肪も、この中性脂肪のことになります。中性脂肪と呼ばれるもの、これらは脂肪酸とグリセリンと呼ばれる物質から出来ています。身体が、エネルギー源を貯蔵するために作りだすものになります。運動することで、エネルギーが不足する状態になると、この脂肪分が分解、燃焼することで、エネルギーとして使われることになります。

この他にもコレステロールやリン脂質がある訳ですが、これらは身体の細胞膜を構成し、性ホルモンを作り出す原料にもなっています。またコレステロールが、血液中で過剰になってしまうと、動脈硬化と言った大きな病気にもなってしまいます。そのため脂肪の多い身体は、健康に要注意となります。